加藤眼科レーシックセンター【近視手術を受ける前に】

加藤眼科レーシックセンター【近視手術を受ける前に】

加藤眼科レーシックセンターの口コミと評判

30代女性
家から近いので加藤眼科レーシックセンターにカウンセリングを申し込みました。対応してくれたスタッフの方の対応がとても良く、全く不快な思いをしなかったのを覚えています。先生もとても親身になって話を聞いてくれて、不安な点も解消してくれたので安心して手術を受けることができました。術後の経過も今のところ良く、ハッキリと物が見えることに喜びを覚えています。

40代男性
知人が加藤眼科レーシックセンターでレーシック手術を受けたと聞いて、私も行ってみました。初めはカウンセリングで丁寧な説明を受けました。手術の長所だけはなく、短所もきちんと教えてくれたので驚きました。デメリットを患者に教えるクリニックなんてあまり無いですよね。その分、本当に安心して手術を申し込むことができたので良かったです。

20代女性
手術を受けてから、前は見えなかった遠くにあるものが見えるようになりました。レーシック手術は怖いことだと思っていたのですが、前では見えなかったものが見えるようになって本当に毎日が楽しいです。カウンセリングでは、後遺症でドライアイになることがあると聞きましたが、そのようなこともなく過ごしています。もっと早くから受けておけば良かったなと思っています。

30代男性
高校生の頃からコンタクトレンズやメガネが必要不可欠な私でした。手術してからは本当に何でも見えやすくなったので驚いています。特に手術の翌日の朝、目を覚ました時の視界の良さには驚きました。職場の仲間の中にも同じような悩みを持っている人がいるので、勧めてみたいと思います。

20代女性
小さい頃からずっとメガネをかけた生活をしていました。小学生の頃、自分でもとても似合っているとは思っていませんでしたが、友達に似合わないとからかわれました。それからは見えなくても人前ではあまりかけないようにして生活していました。コンタクトレンズをするには勇気が出なくて・・・今回、母の勧めでレーシックを受けてみましたが、もっと早くから受けておけば良かったと思っています。もったいないとは思いましたが、嫌な思い出しかないメガネは捨てました。

加藤眼科レーシックセンターについて

東京・渋谷にある「加藤眼科レーシックセンター」では、安全性を最も優先したレーシック手術が特徴です。

全ての手術を院長が自ら執刀するのはもちろん、個別のカウンセリングも院長が行い、どのような疑問や質問にも責任を持って答えてくれます。

院長である加藤卓次氏は、順天堂大学医学部を卒業したのち、日本赤十字社医療センター眼科・東京大学大学院研究員を経て、米国ハーバード大学眼科の角膜・屈折矯正手術部門フェローとして在籍していました。

米国においても最先端のレーシックの研究をはじめ、数々の実績を積み上げ、2004年に現在の加藤眼科レーシックセンターを東京都渋谷に開院したのです。

レーシックに関する数々の論文を発表し、専門の著書も7冊に上っています。

まさに、実力・実績ともに兼ね備えた人物といえるでしょう。

厚生労働省の臨床試験の治験医師を担当するなど、日本における屈折矯正手術の中心的な役割を担ってきた院長自らが全ての手術を執刀するのです。

手術だけではなく、カウンセリングやレーシックセカンドオピニオンまで全て担当し、行ってくれる眼科なのです。

カウンセリングではレーシックのメリットだけではなく、デメリットやリスクについてもきちんと説明するのが特徴です。

このことからも患者が安心して、本当に納得の出来る手術を受けられるように配慮をしているのが分かります。

また、最も厳しい適応基準を設け、それをクリアする患者のみを施術対象としていることも、患者にとっては信用がおけるでしょう。

更に入念な術前検査を行い、個別カウンセリングを行っていることなどから、加藤眼科レーシックセンターの安全性に対する厳格な配慮が伺えます。

そして最高品質のレーシックを提供することで、同時に信用と安全をも提供しているのです。

加藤眼科レーシックセンターでは、術後1年間にわたり定期検査を実施しています。

翌日・1週間・1ヶ月、更に3ヶ月以降は年1〜2回と定期検査を行うなど、アフターケアも万全の体制を整えています。

加藤眼科レーシックセンターの各手術費用には、当日の検査代はもちろん薬代や術後6ヶ月までの検査代も含まれています。

レーシック手術は決して安いものではないので、このような細かな配慮も患者にとっては嬉しいものです。

手術費用の詳細はWEBサイトに明記されています。

シンプルで分かりやすく記載されているので、申し込む前にはサイトをチェックしておくことをお勧めします。

レーシック手術を行っているクリニックの中には、症例数を自慢するような内容のWEBサイトを作成しているところも少なくありません。

そのような中で、加藤眼科レーシックセンターでは症例数を自慢することなく、宣伝として利用しないことを公言しています。

むやみやたらに症例数が多いからといって、患者の信用が高くなるわけではないという、実にシンプルな考えを念頭に置いているのでしょう。

実績ある専門医による、最高先端技術と妥協を許さない安全性の追求には、症例数の多さに劣る要素がありません。

どれをとっても、患者との信頼性を重視していることがうかがえます。

最高品質の手術に加え、大切な視力のために最後まで責任を持って対応してもらえる安心感が、患者にとっては最大の魅力といえるでしょう。

カテゴリー一覧